75億円で落札作品も、市場過熱 NFTアート デジタル作品「本物」を証明

有料記事

[PR]

 「NFTアート」は今年の美術界のキーワードの一つだ。NFTとは日本語で「非代替性トークン」と呼ばれる電子的な“証明書”で、これを付与されたデジタルのアート表現が、高額で取引されているのだ。一方で、市場の過熱や表現の今後も話題になっている。

 今年8月の取扱高は、7月の約10倍の30億ドル(約330…

この記事は有料記事です。残り1546文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント