コロナ患者9割近く、血小板の塊 重症者ほど多い傾向

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス患者の9割近くには、血栓をつくる働きがある血小板の塊が血液中に多く存在し、特に重症者ではその傾向が顕著だとの研究成果を東京大などのチームが9日、発表した。チームは、重症化予測につながる新たな血液検査法の実用化をめざしており、「血栓症による死亡率を下げる的確な治療にもつながる」と期…

この記事は有料会員記事です。残り426文字有料会員になると続きをお読みいただけます。