<考論>日本、中国と対話しつつ意見を/招待の線引き、対立悪化の懸念 民主主義サミット閉幕

有料会員記事

[PR]

 ▼3面参照

 ■日本、中国と対話しつつ意見を 古城佳子・青山学院大教授

 1月の米連邦議会議事堂の襲撃事件などもあり、バイデン政権は米国の民主主義の修復に価値を置いており、サミットの開催は国内事情も大きい。同時に、中国の人権問題を批判することによって、民主主義国の連帯を作りたいのだろう。

ここから続き

 米ソ…

この記事は有料会員記事です。残り722文字有料会員になると続きをお読みいただけます。