(リレーおぴにおん)声を感じて:17 強さとハリ、男女を超えて 鵜澤光さん

有料会員記事

[PR]

 室町時代に確立された能楽は、男性の身体によって形づくられました。男性が女の役をしても、歌舞伎の女形のような女らしい声を出したりはしません。能は老若男女をそれらしく演じるのではなく、性をも取り払ったところに存在するといえるかもしれません。

 では能の声とは、どういうものか。高い低いではなく、強くハリ…

この記事は有料会員記事です。残り875文字有料会員になると続きをお読みいただけます。