(評・音楽)カーチュン・ウォン指揮、日本フィルハーモニー交響楽団 細心の指示、生み出した大河

有料会員記事

[PR]

 シンガポール出身の指揮者で人気急上昇中のカーチュン・ウォンが9月、日本フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に就任した。その披露演奏会である(11日、東京・サントリーホール)。

 人なつっこい表情と痩身(そうしん)が繰り出す音楽は、濃厚だが決してくどくない。メインのマーラー交響曲第5番はそんなウ…

この記事は有料会員記事です。残り545文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!