改憲論議、衆院選で一変 憲法審、岸田政権で審議スタート

有料会員記事

[PR]

 衆院憲法審査会は16日、岸田政権になって初めての審議を行った。憲法改正に前向きな日本維新の会などが衆院選で議席を増やし、立憲民主党も「提案路線」にかじを切った。本格的な論戦は通常国会からになるが、政権与党の出方次第で開催の機会は増えそうだ。

 「憲法は国民のためのものであり、国民のための議論を積…

この記事は有料会員記事です。残り874文字有料会員になると続きをお読みいただけます。