空床補償「もらいすぎかも…」 慢性赤字の病院、コロナで黒字化

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス感染症の入院患者のために、ベッドを空けて準備する医療機関に支払われる「空床補償」は、コロナ下の病院経営を支える目的で始まった。だが、治療が必要な患者すら入院できない事態も起きた。新たな変異ウイルスのオミクロン株による「第6波」も懸念される中、巨額の税金の費用対効果について、検証の…

この記事は有料会員記事です。残り1973文字有料会員になると続きをお読みいただけます。