(短歌時評)映画ならではの異化 山田航

有料会員記事

[PR]

 工藤吉生の第一歌集『世界で一番すばらしい俺』が、剛力彩芽主演、山森正志監督で短編映画化され、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で公開された。作中にオリジナルの台詞(せりふ)は一切なく、歌集に収録された連作「校舎・飛び降り」を脚本として朗読しながら、音楽部の男子高生が失恋して飛び降り自殺を図るも未…

この記事は有料会員記事です。残り467文字有料会員になると続きをお読みいただけます。