検査院、二重計上指摘せず 把握の上、国会報告なし 国交省書き換え

有料会員記事

[PR]

 国土交通省による建設業の基幹統計の書き換え問題では、会計検査院が、受注実績の二重計上や国交省職員の書き換えも調査で把握していたが、9月に提出した国会への報告書では指摘しなかった。検査院は、統計への影響が判断できなかったことなどを理由としている。

 この統計は「建設工事受注動態統計」。検査院は厚生労…

この記事は有料会員記事です。残り826文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら