(回顧2021)現代演劇・舞踊 時代の危機感、肉声で・身体で

有料記事

[PR]

 ■現代演劇 現実照らし、社会・メディアに切り込む

ここから続き

 長引くコロナ禍に演劇界は今年も苦しめられた。都市部などで長期に及んだ緊急事態宣言を受けて公演中止・延期が相次ぎ、客席数の制限も続いた。だが、非日常が日常化する逆境の中でも作り手の創作意欲は旺盛で、時代を刻印し、人間や社会を深く掘り下げた作品が数多…

この記事は有料記事です。残り3276文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。