統計書き換え、第三者委が初会合 来月報告へ解明着手

有料会員記事

[PR]

 国土交通省による「建設工事受注動態統計」の書き換え問題で、同省は23日、統計の専門家や弁護士ら第三者による検証委員会を設置し、東京都内で初会合を開いた。国交省の現職や過去の担当者らへの聞き取りなどを行い、来年1月中旬までに報告書をまとめて総務省の統計委員会に提出する。

 検証委は、委員長となった元…

この記事は有料会員記事です。残り446文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら