(回顧2021)映画 試行錯誤、進化への新たな兆し 休業要請めぐり業界「共闘」・濱口監督が存在感

有料会員記事

[PR]

 今年もコロナ禍に振り回された。興行収入は1600億円前後の見通しで邦画中心に回復傾向にあるものの、過去最高だった一昨年比では6割程度にとどまる。苦境の中での試行錯誤を経て、映画界の進化につながる新たな「兆し」も見えてきた。

 「ミニシアターにも協力金を」「文化芸術は生きるために必要だ」「映画館への…

この記事は有料会員記事です。残り2753文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら