過去最大、10年連続 参院選意識、負担増の課題先送り 2022年度当初予算案決定

有料記事

[PR]

 岸田政権が手がけた初の当初予算案が閣議決定された。「成長と分配」のスローガンのもとで様々な投資や賃上げを促す施策が盛り込まれ、歳出規模は10年連続で過去最大となった一方、向き合うべき課題は先送りされた。▼1面参照

 「予算編成が終わらなくなる」。17日の午後、ある厚生労働省の幹部は青ざめていた…

この記事は有料記事です。残り1745文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません