「外交ボイコット」受け止めは 「会長が行けるので安心」「残念な発表」 北京五輪

有料会員記事

[PR]

 来年2月の北京冬季五輪パラリンピックをめぐり、政府が24日、人権を理由に決めた「外交ボイコット」。関係者らは、どう受け止めたのか。

 「まずは、橋本聖子会長が北京に行けるので安心した」。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の幹部は、胸をなで下ろした。

 「外交ボイコット」を求める声が強まり、一…

この記事は有料会員記事です。残り386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。