(未来のデザイン:2)野生 動物がいる日常に潜む陰

有料会員記事

[PR]

 港町・神戸には、にぎやかな都会とは別の顔もある。野生動物との「距離」を模索する先進地としての顔だ。

 クリスマス前に、市街地に隣接する六甲山系の一角に立った。山の斜面から見下ろすと、中心部の三宮や人工島ポートアイランドのまばゆい明かりが目に飛び込んでくる。

 その輝きが映えるほどに山の中は暗い。家…

この記事は有料会員記事です。残り1156文字有料会員になると続きをお読みいただけます。