(未来のデザイン:3)仕事 感染、暮らし支える現場が

有料会員記事

[PR]

 「この先どうなるのか。路頭に迷うのではないか」。沖縄県にある食品工場の社員は不安に駆られた。

 新型コロナウイルスの第5波が起きた昨夏、従業員1人の感染が判明。その後、約100人のうち、計15人が陽性とわかった。完成間もない最新鋭の工場は、県内の複数店舗のスーパー向けに、食肉を月100トン以上出荷…

この記事は有料会員記事です。残り1317文字有料会員になると続きをお読みいただけます。