昆虫食、新時代 養殖急増、「珍しい」から「環境によい」食べ物へ

有料記事

[PR]

 「昆虫食」が注目される中、国内で食用昆虫の養殖を始める動きが相次ぐ。単に「珍しい食べ物」という扱いでなく、環境負荷の少なさが、後押しになっている。一方、始まったばかりの産業で、安全基準や規格などがないという課題がある。ルール作りに向けた検討も近く始まる。

 衣装ケースの中で、紙製卵パックの表面を…

この記事は有料記事です。残り1509文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。