(SCENE)災害に備え、インフラ守る技

有料会員記事

[PR]

 橋やトンネルなど、インフラの老朽化が全国的な課題となっている。昨年10月には和歌山市紀の川で水管橋が崩落し、約6万世帯が断水した。災害も見据え、老朽インフラの維持・管理に関心が高まっている。

 阪神・淡路大震災の被害を教訓に耐震補強が進む阪神高速道路。総延長約258キロメートルのうち約4割が開通…

この記事は有料会員記事です。残り382文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載SCENE

この連載の一覧を見る