ネット閲覧履歴、外部提供「待った」 広告に反映、自覚ない人も 総務省、「同意」義務化目指す

有料会員記事

[PR]

 インターネット利用者の閲覧履歴をサイトの運営者が広告会社など第三者に提供する行為に、本人の同意は必要か――。利用者の関心にあわせて中身を変える「ターゲティング広告」に欠かせないこの仕組みについて、総務省は本人同意を必要とする法改正を17日からの通常国会で目指している。ただ、経済界からは強い反発が出…

この記事は有料会員記事です。残り1398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。