(憲法季評)弁護士の電源使用、裁判長が制止 今問う「法の支配」の理念 松尾陽

会員記事

[PR]

 昨年9月末、ある刑事事件の法廷での出来事である。弁護士(刑事では、弁護人と呼ばれる)がパソコンを法廷内のコンセントにつないで使っていたところ、裁判長が「国の電気だから使用してはならない」と制止した(なお、事実問題としていえば、多くの法廷で電源の使用は認められており、このような「決定」は例外的なこと…

この記事は会員記事です。残り1966文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!