デンソーにサイバー攻撃 北米拠点標的か、事業への影響なし

有料記事

[PR]

 国内最大手の自動車部品メーカー、デンソーが昨年12月に、ランサムウェア(身代金ウイルス)によるサイバー攻撃を受けていたことがわかった。サイバー犯罪集団による社内ネットワークへの侵入を許したが、事業活動には影響がないという。

 ■「1.1テラバイトのデータ盗んだ」声明

 昨年12月末、「Rook(…

この記事は有料記事です。残り1511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント