濃厚接触者、待機短縮へ 14日間→7日が軸、社会機能を維持 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の待機期間について、現在の14日間から原則10日間に短縮する案を、厚生労働省に対策を助言する専門家組織が13日、議論した。7日間とする選択肢も示された。オミクロン株の流行下、介護や輸送など命と暮らしを支える「エッセンシャルワーカー」の濃厚接触者が増えれば、社会機…

この記事は有料会員記事です。残り796文字有料会員になると続きをお読みいただけます。