(ロケットトーク)先が楽しみ、帯広三条高の滑り 清水宏保

有料会員記事

[PR]

 昨年末に長野・エムウェーブで行われたスピードスケート北京五輪代表選考会を、テレビの解説者という立場で見ました。印象に残ったのは、未来の五輪代表につながる、若い選手の台頭です。

 特に目を引いたのは、北海道・帯広三条高の選手たちです。男子1000メートルでは、時安清貴選手が1分9秒85で10位に食…

この記事は有料会員記事です。残り936文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載ロケットトーク

この連載の一覧を見る