(多事奏論)スポーツとカネ 老ジャーナリストの声、いまも 稲垣康介

会員記事

[PR]

 年明けは尊敬する先輩ジャーナリストの訃報(ふほう)がつづいた。

 その一人がスポーツ界の巨悪に牙をむいた英国人、アンドリュー・ジェニングスさん。8日死去、享年78歳だった。

 1980年代以降、五輪やサッカーのワールドカップ(W杯)が商業主義と結びついて「カネのなる木」になると、汚いカネが飛び交う…

この記事は会員記事です。残り1408文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。