半年前から犯行計画 大阪ビル放火、容疑者のスマホにメモ

有料会員記事

[PR]

 大阪市北区の雑居ビル内にあるクリニックで25人が犠牲になった放火殺人事件で、谷本盛雄容疑者(61)=一酸化炭素中毒で死亡=が事件の半年前から、自分のスマートフォンに事件の計画や手順についてのメモを書き込んでいたことがわかった。大阪府警が明らかにした。府警は、谷本容疑者が多くの人を巻き込む犯行を長期…

この記事は有料会員記事です。残り1855文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら