(経済気象台)「水素社会」の常識を疑う

有料会員記事

[PR]

 二酸化炭素温室効果ガスの一つとされる。エネルギーとして化石燃料を燃やす限り、この宿痾(しゅくあ)から逃れられない。

 したがって、燃やしても水しか出ない水素こそ未来のエネルギーだという。これがあたかも常識のようにまかり通り、世界が迷走を続けているように感じる。

 10年余り前までは原子力こそ温室…

この記事は有料会員記事です。残り578文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済気象台

この連載の一覧を見る