浮世絵にみる、江戸の色恋 @太田記念美術館

有料会員記事

[PR]

 世間を騒がせた事件からよしなしごとまで描かれた江戸時代浮世絵、色恋沙汰もまたしかりだ。太田記念美術館(東京・原宿)の「江戸の恋」展には、街や遊里で生まれる恋、歌舞伎の一場面などを描いた浮世絵60点が展示されている。

 水辺に腰掛けた男女が三味線を抱えている鈴木春信の「つれびき」(1767年ごろ)…

この記事は有料会員記事です。残り297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら