(高齢者と住まい)地域とつながるサ高住 隣の交流センター通いが日課

有料記事

[PR]

 サービス付き高齢者向け住宅サ高住)の戸数はこの10年で27万戸あまり(昨年12月末時点)となり、高齢期の住み替え先として有力な選択肢になっています。競争も激しくなる中、「地域に溶け込む」をキーワードに独自色を打ち出すサ高住もあります。畑山敦子有近隆史

 「一日、一日を前向きに過ごしたい」…

この記事は有料記事です。残り2002文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。