「生き方、一つじゃない」子どもに伝えて 相次ぐ無差別の襲撃事件、社会学者・宮台真司さんに聞く

有料会員記事

[PR]

 大学入学共通テストが始まった15日、東京都文京区東京大学周辺で受験生らが襲われる事件が起きた。昨年から小田急線京王線の刺傷事件、大阪・北新地のビル放火殺人事件など、無差別に人々に危害を加え、自らも死を望むような事件が相次ぐ。社会学者の宮台真司さんは、「他人を巻き込んだ間接的な自殺」にみえる事件…

この記事は有料会員記事です。残り2025文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら