(強欲の代償 ボーイング危機を追う)妻子奪った翼、資本主義の病 「金融マシン」化、失われた安全

有料会員記事

[PR]

 初春の朝らしい柔らかな日差しがカナダ・トロントの町並みを照らし始めたころ、34歳だったポール・ジョロゲはひとり目を覚ました。そろそろ、帰省のため前日にトロントを発った妻と義母、そして3人の子供たちが、夫妻のふるさとケニア・ナイロビに着いているころだ。

 スマホになにか着信した。それは家族からのメッ…

この記事は有料会員記事です。残り1268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら