(韓国大統領選2022)女性家族省「廃止を」、野党候補が争点に 「女性優遇」の声、若い男性票狙う

有料会員記事

[PR]

 3月の韓国大統領選に向けて、女性の社会進出などの政策を担ってきた「女性家族省」の存廃が争点に浮上した。大統領選の野党候補が、ジェンダー平等をめざす政策に「逆差別」などと反発する若い男性の支持を得ようと、「廃止」を打ち出したからだ。

 同省は2001年、進歩(革新)系の金大中(キムデジュン)政権下…

この記事は有料会員記事です。残り1129文字有料会員になると続きをお読みいただけます。