経産省、処分前に基準変更 補助金不正、軽い「厳重注意」に

有料会員記事

[PR]

 中小事業者向けの補助金事業をめぐり、不正請求をした鹿児島県商工会連合会に対して経済産業省が処分を出す直前に、省内の基準を改正して比較的軽い「厳重注意」を加え、それを適用していたことがわかった。同省は「改正はこの事案のためではない」としている。

 不正請求は昨年6月、同省が公表。商工会の30代男性職…

この記事は有料会員記事です。残り722文字有料会員になると続きをお読みいただけます。