受診せず自宅療養可 リスク低い人、自ら検査・連絡 外来逼迫時 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 厚生労働省は24日、新型コロナウイルスの感染拡大で外来診療が逼迫(ひっぱく)した場合、40歳未満などで重症化リスクが低く軽症の人は、受診せず自分で検査して自宅療養できるようにする、と発表した。症状があれば原則受診としてきた方針を転換する。コロナ対策を政府に助言する専門家の有志が21日に「若年層で重…

この記事は有料会員記事です。残り407文字有料会員になると続きをお読みいただけます。