(強欲の代償 ボーイング危機を追う:3)ロビー活動、当局を「凌駕」 巨額献金・大使経験者取締役に

有料会員記事

[PR]

 2018年10月5日、当時の米大統領ドナルド・トランプが1本の法律に署名した。18年連邦航空局(FAA)再授権法。FAAによる航空機の認証手続きでメーカー側が従来以上に主導権を握れる内容だった。ボーイング側のロビイストが米議会に働きかけた。

 FAAの安全検査官らによる労働組合PASSはこれに反対…

この記事は有料会員記事です。残り1675文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら