地銀、仕組み債販売急増 複雑な金融商品、元本割れリスクも

有料会員記事

[PR]

 金融派生商品デリバティブ)を組み込み、高い利回りを売り物にした「仕組み債」の販売が、地方銀行で増えている。「銀行が勧めるものなら安心だ」と購入する人も多いが、大きく元本割れするリスクも抱える。金融庁も問題視し始めているが、急拡大の背景には、地銀の厳しい懐事情があるようだ。

 ■地域の顧客勧誘

この記事は有料会員記事です。残り1577文字有料会員になると続きをお読みいただけます。