厚労相「リスクを許容」 濃厚接触待機7日に エッセンシャルワーカーも短縮 新型コロナ

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の待機期間について、厚生労働省は28日、現在の10日間から7日間に短縮すると発表した。暮らしを支える「エッセンシャルワーカー」の待機は、これまでは最短で6日目に解除だったが、1日縮め、抗原定性検査キットで4、5日目に続けて陰性ならば5日目の出勤から可能とした。

この記事は有料会員記事です。残り1963文字有料会員になると続きをお読みいただけます。