(社説余滴)ミサイル連発「北風」の真意 箱田哲也

有料記事

[PR]

 また朝鮮半島がきな臭くなってきた。北朝鮮がミサイル発射をやめない。

 長期計画に沿った兵器開発というが、政治的思惑、とりわけ3月に迫った韓国大統領選への北朝鮮式関与でもあるだろう。

 米国との対話が進まず、経済苦境に立つ北朝鮮は、韓国で次も対話重視の左派政権が誕生するのを切望しているはずだ――。こ…

この記事は有料記事です。残り766文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る