(けいざい+)いつもとなりに専門医:上 搬送前に判断、時短で救命

有料会員記事

[PR]

 北海道の北部、士別市。冬は、あたり一面、雪である。吹雪でも救急車は走る。

 救急車の中では、隊員たちが12本の線を患者の体につなげ、モニターに鮮明な心電図を映す。隊員がスマホに話す。

 「先生、どうですか?」

 循環器内科の専門医の声が返ってくる。

 「深刻です、うちで受け入れます」

 救急車は最…

この記事は有料会員記事です。残り928文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら