衆院定数、2040年「16増16減」 都市と地方の差拡大 朝日新聞社試算

有料会員記事

[PR]

 一票の格差を是正するための衆院小選挙区の定数の見直しが、2040年に22都道県で「16増16減」となる見通しであることが分かった。定数が最も増える東京都では、25ある選挙区が33になる。朝日新聞が、将来人口推計に基づいて試算した。今後、人口の格差が広がると、都市部と地方の議員数の差はさらに大きくな…

この記事は有料会員記事です。残り1215文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら