(インタビュー)デジタル人民元の行方 経済学者、エスワー・プラサドさん

有料記事

[PR]

 北京冬季五輪は、通貨をめぐる競争の号砲も鳴らした。中国政府は五輪会場で選手らが、紙幣でも硬貨でもない「デジタル人民元」を使えるようにして金融技術の力をアピールする。第2次大戦後、米国は基軸通貨の米ドルを武器に、国際金融の秩序を支えてきた。この覇権構造は通貨のデジタル化で変わるのか。専門家に聞いた…

この記事は有料記事です。残り3558文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント