(記者解説)ハラスメントと大学 閉鎖的な構造、対策は進まず 科学医療部・藤波優

有料会員記事

[PR]

 大学でハラスメントを受けたという被害者に取材した。訴えづらい事情があり、勇気を出して窓口に訴えても納得のいかない対応で、心身ともに削られた。深刻な実態だ。

 ある有期雇用の女性研究者は、教授から抱きつかれたり手を握られたりした。嫌だったが、論文の提出や、自分の雇用契約などは全て教授が関わる。もめれ…

この記事は有料会員記事です。残り1047文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら