mRNA、対コロナだけじゃない 細胞を「薬工場」に、免疫を強化・制御

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンに使われたm(メッセンジャー)RNAの技術を、がんなどの治療にも応用する研究が進んでいる。たんぱく質の設計図を体に入れて、細胞を「薬の工場」にする新たな治療法だ。さまざまな病気で画期的な治療薬の開発につながるかもしれない。

 今年の日本国際賞は、mRNAを使った新型コ…

この記事は有料会員記事です。残り1555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。