(サザエさんをさがして)もんぺ 現代に見いだす新たな魅力

有料会員記事

[PR]

 普段は和服姿のフネが、大掃除のためにもんぺをはいている。作品が掲載されたのは終戦から7年後の1952(昭和27)年。戦時中に使っていたもんぺを引っ張り出したのだろうか。

 もんぺはもともと、農山村で働く際に身につけたはかまの一種。日中戦争が始まり、戦時色が強まる中で、女性にも活動しやすい服装が求め…

この記事は有料会員記事です。残り1298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載サザエさんをさがして

この連載の一覧を見る