(わが家の相続会議:29)介護した人も相続するには 親族であれば特別寄与料の請求も

有料会員記事

写真・図版
[PR]

 義理の親の介護を長年続けていたとしても、相続の際に遺言が残されていなければ、その人は遺産を手にすることはできませんでした。しかし、法律の改正に伴い、2019年7月から、条件を満たせば「特別寄与料」として請求できるようになりました。一体、どのようなものなのでしょう。

 母・正子 相続人じゃないと遺…

この記事は有料会員記事です。残り1120文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら