原油高・見えぬ賃上げ、焦る首相 コロナ禍かじ取り難しく 成果出ず、夏の参院選へ危機感

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの「第6波」に追われる岸田文雄首相が、先行きの不透明感が増す経済への対応に苦慮している。原油の価格高騰などで生活必需品の値上げが続き、政権肝いりの賃上げの道筋も見えない。暮らしへの影響が長引けば夏の参院選で逆風となりかねず危機感が強まる。

 「国民生活や経済活動に支障が生じるこ…

この記事は有料会員記事です。残り1040文字有料会員になると続きをお読みいただけます。