(短歌時評)反・発見の歌 山田航

有料会員記事

[PR]

 《金星に向かって歩く たぶんあれ金星だよねやけにでかいし》 斎藤見咲子

 歌誌「かばん」1月号で見つけた短歌。見えているものが金星なのかどうか、一首の間ですらブレており、結論にたどり着かない。何の情報もこの歌からは得ることができない。ただ、散歩のときのとりとめのない思考は的確に再現されている。この…

この記事は有料会員記事です。残り480文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら