(大志 藤井聡太のいる時代)画期編:5 乱戦で勝機逃した三浦、反省会は終電まで

有料記事

[PR]

 2021年2月11日午後2時、東京都千代田区有楽町朝日ホール。第14回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント決勝が始まった。午前10時開始の準決勝を制したのは当時、王位・棋聖の藤井聡太(19)と九段の三浦弘行(48)。準決勝で藤井は渡辺明(37)に終盤で劇的な逆転勝ち。その余韻が冷めやらぬ中での…

この記事は有料記事です。残り613文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント