ラグビー新リーグ、社会貢献模索 AED扱える監視員・がん治療へ募金

有料記事

[PR]

 1月に開幕したラグビーの新リーグ「リーグワン」は、スポーツを通じた社会貢献を目標の一つに掲げている。各チームはファンを巻き込み、地域に根づくような活動を模索している。

 東京都で1月末にあった一戦。運営を担ったクボタスピアーズ船橋・東京ベイは、会場で観客が心停止になった場合、できるだけ早く自動体外…

この記事は有料記事です。残り676文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。