昨年GDP、1.7%増どまり 欧米に比べ回復遅れ 10~12月期、年5.4%増

有料会員記事

[PR]

 2021年10~12月期の国内総生産(GDP)は、物価変動を除いた実質で、前期比1・3%増、年率換算5・4%増となった。プラス成長は2四半期ぶり。21年通年でも1・7%のプラス成長となったが、5%超の欧米との差は大きい。1月以降は新型コロナオミクロン株の感染拡大にも直面し、急減速している。▼2面…

この記事は有料会員記事です。残り534文字有料会員になると続きをお読みいただけます。