(書評)『生き直す 免田栄という軌跡』 高峰武〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■人間の復活かけ社会の素顔問う

 一昨年末、95歳で亡くなった免田栄さんは、日本で初めて再審無罪を勝ち取った元死刑囚。1949年、23歳で逮捕されてから34年間、獄中で死刑執行の恐怖に耐え、6度の再審申請に挑んだ不屈の人だ。

 今、彼の軌跡から何をうけとるか。この冤罪(えんざい)事件を地元の熊本で…

この記事は有料会員記事です。残り804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら